笑顔あふれる
生活のために。

治療ガイド

GUIDE

診察のご案内

「十分な説明のないまま、歯を削られた」
「治療期間や金銭的な面など、聞きたいことがあるのに聞けなかった」

そんな経験をされたことはありませんか?
当院では、患者様お一人お一人に治療についての詳しいご説明を行ない、安心して治療に専念していただけるように心掛けています。

「歯医者に行きたいけど、痛そうで怖い」

という理由で、今まで歯科医院から遠ざかっていた方もご安心ください。
当院では、患者様に痛みを与えない様、最大限の努力をします。

 

1|ホワイトニング

ホワイトニングは歯の漂白で、変色してしまった歯の表面を治療によって白くする方法です。 
歯を白くする方法はホワイトニングまたはラミネートベニア法となります。

1. ホワイトニング
変色している歯の表面を化学的に脱色して、歯を白くしていきます。この方法は歯を削ることなく手軽に白くできる利点があります。 
効果については個人差があり、たいていの場合1〜1.5ランク白くすることが可能です。しかし、6ヶ月〜1年、長くても2年で繰り返し漂白する必要があります。

2. ラミネートベニア法
ラミネートベニア法は歯の表面を僅かに削り、厚さ0.5㎜程度の薄いシェルを歯の表面に接着し、主に歯の色を白くしたり隙間を改善する方法です。 
この方法は非常に適応範囲が広く、安全で耐久力があり、しかも美しく自然な感じに仕上がります。 また、材質はポーセレン(セラミック)ですので、歯ぐきにも優しく磨耗や変色の心配もありません。
治療期間は最短2回の通院で済み、麻酔も必要とせず、患者さんへの負担も軽減できます。

相談の上、お一人お一人に合った処方を致しますので、まずはご相談ください。 


 

2|小児歯科

●健やかな成長を第一に

乳歯の時期には健全な永久歯を導くために、永久歯に生え変わる時期には生涯良い歯を保つために 常に成長の先を見極めて処置を行うのが小児歯科の特長で す。何よりも健やかな成長を第一に、個々のお子さんの発達に合わせた適切な処置と、トラブル予防のためのアドバイスを行います。

●定期的に検診を!

虫歯の処置の様子などから大人の一般歯科と変わらないイメージも強いようですが、治すというよりは、成長を阻害する要因を取り除くことが目的となっています。
歯の治療を恐がるお子さんには、不安感だけでなく実際に症状が重くなりやすい点を、注意してあげてください。病気によっては、大人より急速に症状が進行するため、治療時のお子さんのからだの負担も大きくなります。
お子さんの負担を最小限にするには、病気の早期発見と予防のための定期検診が最も重要となります。お気軽にご来院ください。


 

3|予防歯科

●「治療」から「予防」へ

残存歯数の違いを調べてみると、「むし歯になってから歯医者へ行った」のか「むし歯にならないために歯医者へ行った」のか、の違いだということが解っています。
では、どうしたら歯を残せるのでしょうか?
その答えが1~2ヶ月に1回、定期的に歯科医院で予防歯科のためのメンテナンスを受けることなのです。

 ●定期的に検診を!


欧米では、予防歯科に力を入れたことによって、国民の平均残存歯数が飛躍的に向上したのです。日本でもグラフのように、メンテナンスをしっかり受けた方と受けなかった方とでは、80歳になったときに約9本もの差がついているのです。
定期健診のご案内
患者さん一人ひとりに合った予防を、一緒に取り組んでいきましょう。
お気軽にご相談ください。

1. ブラッシング相談
個々の患者さんにあったブラッシング方法、最適な歯ブラシの提案をさせていただきます。

2. むし歯の検査

むし歯を調べたい歯にレーザーを当て、むし歯の大きさを数値で表すことが出来ます。数値によって治療するか、予防で経過観察をするか判断することが出来ます。

3. 歯周病の検査
歯周病や歯肉炎の進行具合を検査し、治療の必要の有無を判断します。

4. 歯石の除去
超音波スケーラー、エアスケーラーを使用し、ブラッシングでは取れない歯石を除去し、口臭や歯周病の予防をします。

 

 

4|インプラント

●インプラントとは

インプラントは人工歯根療法とも呼ばれ、アゴの骨に金属の支柱を埋込み、直接固定したうえで歯を再建します。かむ感覚が骨にダイレクトに伝わるため、自分の身体の一部として感じる事ができます。
現在治療は全て自費となり治療費はかかりますが、入れ歯やブリッジとは全く異なる自然な感覚は、変えがたいものがあります。

●こんな方におすすめです。

歯を抜いてしまった。

健康は歯を削りたくない。

ブリッジや入れ歯を入れたくない。

硬いものをおいしく食べたい。

 

●Q&A

 Q1. インプラント治療は誰でも受けられますか?

次のような方はインプラント治療が受けられませんが、程度にもよりますのでまずはご相談ください。

●一般の外科手術に耐えられない体力の方

●重症の糖尿病、重症な肝臓疾患、心臓疾患、血液疾患を有する方

●頭部、顎骨部に放射線治療の経験のある方 

●薬物、アルコール中毒症 

●神経的、精神的障害のある方 


Q2. インプラントは体に害はありませんか?

インプラント体の成分であるチタンは体に入っても無害です。金属アレルギーも起こりません。


Q3. 治療期間はどのくらいかかりますか?

通常は下顎で3ヶ月、上顎で4ヶ月の治療期間をおきます。骨の状態が悪く、骨造成手術を使用しなければならない場合には、さらにプラス4ヶ月から6ヶ月の時間がかかる場合もございます。


Q4. インプラントは一生持ちますか?

口腔内で毎日、常時大きな力が加わり、清掃も難しく、条件の悪いところに使用されているインプラントですから、インプラントが一生もつ事は明言できません。
長く持たせるためには、定期的なメンテナンスが不可欠です。

詳しくは当院までご相談ください。
 


 

診察時間

 

※1 水曜日は18:00まで